花のお供えを葬儀場へ手配する場合の知識

花のお供えを葬儀場へ手配する場合の知識

何らかの理由で葬儀に参列できない場合に、弔意のしるしとしてお供えの花が手配されるケースは少なくありませんが、実際に葬儀場に手配する際には覚えておかなければならない知識があります。
まず、葬儀場に供花を手配したい場合は、事前に遺族の誰かに問い合わせて了解を得ましょう。
近年は、遺族側で供え物を断るケースが増えてきており、そのような考えの遺族が行う葬儀に対して供え物を手配すると、相手が困ったり、迷惑をかけてしまう可能性があります。
お供えの花の申し込みは、フラワーショップや葬儀会社で受け付けていますが、できるだけ葬儀会社に依頼するようにしましょう。
理由は、葬儀社の中には自社と契約していない会社や店舗で購入したものを葬式で利用をしない方針をとっている所があるからです。
申し込み手続きは簡単で、日程と喪家の名前を伝えて、タイプを選べば注文が完了します。
花代は、自身も通夜や告別式に参列する場合は、斎場に訪れたときに事務所で直接支払い、参列しない場合は後日指定された金融機関の口座に振り込みます。

お供えの花にはルールがあるため相談をしながら決めた方が良い

知人や友人、親族の訃報を耳にした時、お悔やみの気持ちを伝えたいと考えます。
お通夜に参列できる場合は香典を持参すればよいのですが遠方や仕事の関係でどうしても行かれない場合、枕花をお贈りし、追悼することがあります。
この枕花はどんなものでも良いわけではなくマナーやルールがあり、宗教や宗派、地域の風習やしきたりによっても違います。
そのため贈る場合は相手のことを思いつつも、専門のフラワーショップに相談をした方が良いです。
お供えの花として適しているのは通夜や葬儀、初七日までは白を基調とし、ブルーやグリーンをさし色にしたアレンジメントが好まれます。
ただし白一色でないと失礼だと考える地域もあるため、事前に遺族と相談をしておくと良いでしょう。
四十九日や一周忌、三周忌にお供えする場合は、淡い色合いでも良いのですが、とげのある花は使用しません。
また命日に贈る場合は色味を気にしなくても良いですが、5色使用するのが基本となっています。

著者:高塚正吉

筆者プロフィール

東京都西東京市生まれ。
地元で生花店を経営。
問い合わせの多いお供え用の花について記事をまとめました。