お供えする花をフラワーアレンジメントで作るコツ

お供えする花をフラワーアレンジメントで作るコツ

お供えの花をフラワーアレンジメントで作ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。
その場合には、シーンに合った花を選ぶことが大切です。
仏教の場合には主に菊をメインに使用します。
棘のあるものや毒のある植物は使わないのが、お供え用で用いる場合のマナーとなっています。
しかしキリスト教式の場合には、こだわらずに薔薇を用いることも多いです。
またフラワーアレンジメントで使う植物の色は、亡くなってから経過した時間によって変えるのが基本です。
一般的には四十九日までは白い花とグリーンのみで作っています。
四十九日を過ぎると、少しずつ色を足していくのがマナーとなっています。
お墓やお仏壇に供える場合、一般的には片側から見るための形状で作るのが特徴です。
背面をグリーンで覆うようにすることが多いでしょう。
それから置き場所に余裕がある場合には対にして作ります。
お仏壇やお墓などで対にするときには、左右が対象になるようにします。

お盆などのお供えに適している花の種類とは

日本にはお盆やお彼岸の際にお花をお供えすることがあります。
供花として適しているのは長持ちをする種類であり、さらにとげや香りが強いもの、毒のあるものは控えるのが一般的です。
具体的には菊やスターチス、トルコ桔梗や胡蝶蘭、カーネーションやユリがあげられます。
菊は昔から親しまれているものであり、お供えなどによく使用されています。
枯れても花びらが散りにくいため周囲を汚すことはありませんし、近年ではスプレーマムのように小さなものも増えてきました。
トルコ桔梗とスターチスは夏の暑さに強く、花持ちが良いことで有名です。
トルコ桔梗は様々な種類があり、結婚式など慶事の際にも使用されますが、仏事でも使います。
落ち着いた雰囲気であるためほかのものとも相性が良く、大変合わせやすいです。
カーネーションは母の日というイメージが強いですが、仏事にも適しています。
特にキリスト教ではミサに使用することも多く、無垢で深い愛という意味があります。
菊と同じように散りにくいため掃除がしやすく手入れも大変楽です。

著者:高塚正吉

筆者プロフィール

東京都西東京市生まれ。
地元で生花店を経営。
問い合わせの多いお供え用の花について記事をまとめました。